エステでクーリングオフを利用するときの書面の書き方

エステサロンで施術を受けてもらったあとに、自分と合わなかったりしつこい勧誘などに悩まされたなどの理由で解約を希望したいときに活用できるのがクーリングオフです。クーリングオフは、契約したときにかかった金額が5万円を超えてかつ契約期間が1ヶ月を超える場合において、契約書面が交付されてから8日以内であればこの制度を利用することができます。 エステサロンにおいてクーリングオフ制度を利用するときのポイントとしては、電話などでは認められません。

必ず書面での購入が必要となります。書面の書き方としては、はがきに契約解除通知書と記載しておきます。

契約した年月日・商品名・値段・販売会社名を記載して契約を解除するということを記載しておきます。 そして住所と自分の名前・日付を記載して書き方の完了となります。この契約解除通知書をエステサロンへと郵送します。

それから、もしも信販会社に契約金をクレジットカードで支払ったりローンを申し込んだ場合においては、信販会社にも同じ内容の通知を郵送することで契約解除をします。 店の担当者と再び話し合う必要はありません。

逆に勧誘されて断り切れずに継続してしまうという場合もありますので、できれば避けておくようにしておきましょう。 ハガキに記載した契約解除通知書については必ずコピーを取っておきます。そして、郵便局で配達記録又は簡易書留で送るようにすることが重要です。

これは、クーリングオフの通知を確実にエステサロンや信販会社に送ったことを証明するためです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする